よしひこ

模型が多め

SDガンダムトントン相撲とか飛行機とか酒

こんにちは、ゴールデンウイークはゴールデンでしたか、僕は割とゴールデンでしたが最終日にめっちゃ雨に降られてサンダルがグチャグチャになって悲しかった。

なんやかんやあって、模型サークルPVC内トントン相撲部さんと縁が結ばれて、さいたま新都心でやるトントン相撲界に参戦することとなり。

ルールとかなんか色々とあるのでその辺りはこっち見て欲しい感じ。

ガンダムレオパルドをヘイズル色に塗って鉛の板を突っ込んだガンダムヘビズルというのをでっちあげたんだよ。可愛い。
f:id:yoshihihihi:20170510234236j:image

でもヘビーアームズがベースでもないのにどこからヘビ分が出てきたのか数日経っても理解できていない。
f:id:yoshihihihi:20170510234710j:image

PVCトントン相撲部のみなさんと。

レギュレーションギリギリを攻めまくったネオジオング、まさかの顔面髪の毛シャツ新造のEDコスプレ仕様のビルドストライク、ガチ石像のサイサリス、ドチャクソかわいいサーバルちゃんなど見どころもたくさんだったよ。

試合は二回戦敗退、しかも一回戦目は力士同士が組み合う前に対戦相手がコケて終わったため、試合に勝っても勝負には全く勝ててないという散々な結果だった。次は暴力のある力士にしようと誓った。暴力こそが土俵においては正義である。


f:id:yoshihihihi:20170510234656j:image

実際もっと参加者はいらしたんですが、最後の記念撮影まで残ってた方は7割くらいですかね。
f:id:yoshihihihi:20170510234834j:image
 ごはん食べて帰った。

そんで帰り道に夕立に見舞われてサンダルがほぼ死んだ。

あとはゴールデンな時期のゴールデンさを書くだけのほぼ日記なので、役に立つことは書いてませんのでその辺りはごめんなさいね。
f:id:yoshihihihi:20170510232818j:image
日付は遡り初日、取り敢えず赤羽でチャラい人たちと飲んだよ。
f:id:yoshihihihi:20170510232428j:image

赤羽が誇るエナジードリンクであるらしい日本酒のおでんツユ割りとかいうすげえやつを飲まされました。色が主にゴールデンですね。

汁物をつまみにお酒を飲むのはダメな酒飲みに足を突っ込んでるのと同じなので避けなさい、という家訓があるのだけれど、これは一分の隙もなく人をダメにするやつだった。

汁をつまみにどころか一緒に摂取してるから、パンと一緒にハンバーグを食べるハンバーガーみたいなもの。ファストフード感がすごいってワケ。

サンドイッチ伯爵が遊んでる時でも片手で食べられるテキトーな飯を作れ、と無茶振りした結果生まれた高効率・時短フードが、海を超え山を超えなんか京浜東北線とかそういうので運ばれてきた結果がこのエナジードリンクって寸法さ。

あと家訓のくだりは嘘です。

f:id:yoshihihihi:20170510233340j:image

 あとFGOを始めたので業界の先輩と酒を飲みながらガチャを引く遊びをやったり。

6章に入ったら敵の暴力が暴力すぎて全然進めなくなったので、暴力はよくないと思う。

 

実はゴールデンで一つガレージキットを仕上げているので、そっちもついでに書いてしまいましょう。

めっちゃ長いなこの日記。


f:id:yoshihihihi:20170510235209j:image

よう、こいつは飛行機ってやつだ。

コンセプトは飛行機モデルのやり方でなるべく可愛い色を使い、かっこいいのと可愛いののいいとこ取りしてしまおうみたいなやつなんだ。
f:id:yoshihihihi:20170510235639j:image

これが
f:id:yoshihihihi:20170510235655j:image

こうなって
f:id:yoshihihihi:20170510235714j:image

こうじゃ。

デカールは本当はカタカナで"フムナ"って書いてあるやつを使いたかったんだけど(カタカナのコーションレターは可愛い)、英語のNO STEPってやつしかなくてこんな感じになったよ。

タミヤのマークフィット(優しい方)を面相筆で塗りながら、段差の部分がうまいこと溶けてなだらかになってくれたらあたし最高に嬉しいんだけどなー!って念じて、ニスの部分を重点的に筆で撫でてたら段差がほぼ消えてしまった。

蛍光色が多めの赤なので艶有りコートで段差を消すってのだけは絶対に避けたかったんだけど、なんかうまいこといっちゃった。

フチを溶かし尽くしたら即座に半艶クリアーwith気持ち程度の蛍光ブルーを入れたワントーン明るくキレイめに見えるフラットコートを塗って窓枠を筆で塗ったりして完成。

色合いはとても可愛く仕上がったし、小スケール航空機模型感もあまり外さずに済んだような気がしてるので、個人的には大満足さ。

このヒコーキはGコアっていうやつで、原型はFRAME OUT MODELSのKuWa氏。

公私ともにお世話になっております、いつもかまってくれてありがとうございます……!

 

このキットはキャラクターメカというより、小さいスケールの飛行機模型って感じの作りごたえでした。

ほぼ組み上げて塗る楽しさがたまんないね。

んで、飛行機モデルらしさとしてのらしさって繊細なモールドにあると思うのですよね。

ちょっと塗膜が厚くなるとスミが流れにくくなる、そこはキャラメカメインでやってる方だと戸惑うとこになるのかなと思います。

まあパネルラインが埋まったら最後にナイフでピッと線を引いてやれば復活させられるので、恐れずやってみるといいと思うよ。

 この子は週末の静岡ホビーショー一般公開日に南館ブース番号215で展示してもらえる運びになったので、行かれる方は僕の下手くそな写真の18倍くらい可愛く仕上がってるGコアを見てきてくれると嬉しいな。

あとWFで塗装見本を塗らせてもらった菅生さんちのあすかさんも展示される模様。

他にもすごい作品がいっぱいだから、見に来てくれたら嬉しいな。

ぼくは行かないけど。

撮ってきてもらいました!イエイ!