よしひこ

模型が多め

ゴッドハンドのスジ彫りヤスリを買った話

f:id:yoshihihihi:20160609193808j:image
ちょっと前にゴッドハンド(ニパ子で有名なとこ)のスジボリヤスリっていうべらぼうに高いヤスリを買ったんだよ。
これが高いだけあってなかなか使いやすくて満足していたわけよ。
あと今週は何もブログ書くような話がないから取り敢えずホメておこうと思ったわけ。
今週はプラモとかフィギュアとか完成させない。
ホメるついでに選び方の失敗を愚痴る(こちらがメイン)

写真の白線入ってる棒、上がラインチゼルの.15で引いた線。
下がスジボリヤスリ。
ヤスリだけど特に何も考えなくても.15くらいの線なら引けちゃうぜーっていうことなんだけども。
レジンって独特のつっかかり感とかモロモロ崩れる感があるので、凹線を彫刻するときはノコギリ的なものか目立てヤスリが相性が良いように感じるんだけど、スジボリヤスリはまあこれ目立てヤスリみたいなもんじゃん。
引っ掛かりに躓かずいい具合に彫れる。

特に僕は作業を始めると先ずは目立てヤスリを手に取る、ってほどに目立てヤスリが好きなので、目立てヤスリ界のニュージェネレーション、黒船、いや海超えてなかった
なんだ、そう、手に馴染みがある形だけどなんかすごい高いしすげー薄いしヤバい、欲しい、くらいのテンションになっちゃったわけね。
結果、今までの目立てヤスリだと出来なかった、極細の凹線彫刻ができるようになって最高だった。
良かったんだけど、気になるところもあった。

このヤスリ、何が目立てやスリと違うのかっていうのはメーカーさんが詳しく書いてくれてるからアレなんだけど、刃が断面菱型の四辺のうち向かい合う二辺だけ、つまり普通に持った時に片面ずつにしかついてない、というのが一番の特徴。
だから細く彫れるんだね。
右手用は"右手で持った時に使うV字部には、左側にだけ刃がある"。
実はここが問題だった。
f:id:yoshihihihi:20160609202716j:image
↑左側に刃
f:id:yoshihihihi:20160609202743j:image
↑右側は刃がない

これ、右手用左手用って区分けで販売してんだけど、左手用は逆に、右手で持った時に右側面に刃が来る
僕は右手で目立てヤスリを持った場合、右側面の刃を使ってコントロールするくせがあるから、右手用のこのスジボリヤスリに慣れるまで結構しんどかった。
ていうか今もしんどい。
平面に彫刻するときは問題ないんだけど、逆エッジを立てるときに普段と違う感覚に襲われてしまう。
正直、左手用がほしい。もうちょっと考えて買えばよかった。後悔しかない。
ものすごくいいヤスリなのは確かで、使う側が対応していなかったのがダメだったわけ。
いいパソコン、使いこなせないユーザー、何もしていないのに壊れるパソコン、みたいな図式が頭に湧いてきた。つらい。

というわけでね、取り敢えず目立てヤスリでなんかしてから考えるくらい目立てヤスリが大好きで、自己紹介で好きな工具を答えるときは迷わず目立てヤスリを推すような来世は目立てヤスリになりたい人へ。
自分の目立てヤスリスタイルが右側酷使タイプなのか左側酷使タイプなのかを予め確認しておいてからスジボリヤスリを買うといいと思う。
二本買えば済む話ではあるけれど。

で、ものは相談なんだけど、刃の左側ばっか使うのに間違えて左手用を買ってしまった人がいたら、ぼくの右手用と交換してくれないかな!
いないか、いないね。

スジ彫りヤスリ 極小 R

スジ彫りヤスリ 極小 R