読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしひこ

模型が多め

安い筆

道具 模型


f:id:yoshihihihi:20160518001136j:image

面相筆っていろいろあるけど、取り敢えず高いのを買っておけば間違いない分野であることはほぼ確実と言っていいと思うんですよ。
ウインザー&ニュートンのシリーズ7(とミニチュア)の一番細いのを買っておけば、兎に角細い線は書けます。
高いけど。一本1,200円超えてるけど。
んで、模型用に使ってると水彩なんかに比べたらすぐに筆がダメになっちゃう。
シリーズ7を三本買い換えるのと同額で、エアブラシのハンドピースが新品同様にできちゃう!って考えるとなかなかコストがかかる、と思いません?
面相筆を使うタイミングはもちろん顔面を描く時が多いわけですけど、マスキングした色の境目をタッチアップしていくリタッチ作業なんかも使ったりします。
なんかこう、それってもったいない気がするわけです。
面相には使いにくいけどリタッチするのに便利な安い筆ってないかな、と画材店を漁ってきました。
ここしばらく安い筆でタッチアップしつつお顔なんかは高い筆で、というやり方をしてます。
なので、軽くインプレッション的なものを。

頼まれもの 葛葉ライドウ

塗った 完成 模型

f:id:yoshihihihi:20160518204150p:plain

f:id:yoshihihihi:20160518204154p:plain

燃え尽きてしまって携帯からですら写真を撮る気力が湧かない!
撮った。超久しぶりにカメラ出した気がする、コンデジだけど。
頼まれ物のライドウを塗ったよ。
結構前のワンダーショーケースのやつ。
結構しんどい表面状態だったので、磨くのにだいぶ時間を取られちゃったなぁ。
依頼主さんのご希望で、金子一馬さんの絵寄りではなく、依頼主さんの絵に寄せていった色で調色した感じ。
お絵かきがうまい方だよ。

秋葉原工作室

模型
に、行ってきた。
今日は写真などないですよ。

イマイチイマニシステムがわからんかったから家の塗料を持ち込んだんだけど、店内の塗料も使っていいらしい。マジかよ、とだいぶビビった。天ぷら頼んで明太子食べ放題の店かよ。
しかも使用料金爆安だしおかしい。
あっ今朝のごはんは明太子ごはんでした。

まぶちゃんにアトを見せて、黒い影とかを入れるかどうかを決めつつすぐ塗ったりしてたので、前回の記事のアトちゃんから真アトちゃんになった。
写真はそのうち送ってもらおう。よろしく。

コンプレッサーもきちんと圧の高いものなので、ハンドピースを持ち込めば割といい感じに一日遊べるのでは、と思った次第。
まぶちゃんにサフレスとかグラデのかけ方とかを見せようとしたんだけど、クレオスのハンドピースしか使ったことがない閥なので、備え付けのハンドピースの思わぬクセでしくじっちゃったよ。

次に行く時自前で持っていこうと思ったものども
・瞬着とノズル
 店においてある未開封を開封するのは流石に申し訳ない度がうちの家(11階建て)くらい高いので、間違いなく自前で持っていったほうが良いと思った。
・ハンドピース
 どんなメーカーでもお構い無しだぜ、というガバユルスーパービッチでもなけりゃ持っていったほうが気が楽
・神のツールねり消し
 流石にねり消しは置いてない
・マスキングゾル
 好みが分かれるので自前の持ってったほうがいいかも。

逆に持っていかなくていいもの
どうしよう、まだダンボール1/2箱分くらい残ってるんだけど使い切れる気がしない。

ラジヒスのアトちゃん

塗った 完成 模型


f:id:yoshihihihi:20160822132332j:image

を、塗った。
まぶちゃん( https://twitter.com/mabrus )が色塗りしてくれる人を探してた、ので立候補したかたち。
何かの特典の絵柄のポーズだけど、まぶちゃんの希望もあってキャラシート同様に青い影を付けて仕上げてみた。
更に真っ黒な影を付けるともっとキャラシートっぽくなるんだけど、完全に角度限定になりそうなので一旦保留。
実際に見てもらってから考えよう、みたいな。

f:id:yoshihihihi:20160822132413j:image
腹がえっちい過ぎる


f:id:yoshihihihi:20160822132442j:image
ポンチョの塗り分けはスジ彫りをガイドに。
広がり具合が結構迫力ある感じ。
クリアレジンの気泡噛みがなく、とても美しかったので髪と腰ミノは半透明にしてあるんだけども、飴みたいになって実に美味しそう。
造形が可愛すぎてテンションが全く落ちなかった、ありがとうまぶちゃん。
ラジヒスはなんとかヒストリカを取るまでやったんだけど、手に入れられる頃にはラスボス余裕になってたし完全なやりこみ要素だったなあと懐かしくなったよ。
ハイスおじさんが大好きです。
 
色など(刷りモノに合わせてあるので実際には適宜細かい調整をしてます)
髪→クリアホワイト+ビリジアングリーン(の上澄みだけ)/光が当たる方向から黄色みを増やしたものを薄く
肌→プライマー塗った上からクリアオレンジと蛍光ピンクとかマゼンタとか混ぜたクリア肌色をしつこくグラデーションさせて塗る
腰ミノ→クリアホワイトを陰影つけながら塗ったあと、クレオスの艶消しクリア・グレートーンでうっすら影を入れつつツヤの差を出す
脚の毛→白と灰色で陰影をつけるだけ
蹄と角→たぶんレッドブラウンとタンをいい具合に混ぜていい感じに塗った
ツヤの調整→フィニッシャーズのスーパーフラットコート(クソ高価)
 

Xウイングナカグロスターファイター

塗った 完成 模型

f:id:yoshihihihi:20160822123146j:image

昨日スター・デストロイヤーとかいう菱餅を塗ったのに、ついうっかりXウイングを買ってきてしまった。
一時間くらいでできるだろ!って思ってたんだけど、結局三時間くらいかかってしまった。
スター・デストロイヤーが下ごしらえの必要すらないイチゴとかトマトみたいなもんだとしたら、こっちの飛行機は切ったあと水に晒すのが必要な新玉ねぎのサラダみたいな感じ。
喩えてて自分でもよくわかんなくなってきた。
夕ごはんに玉ねぎ食べたせい。

f:id:yoshihihihi:20160822123206j:image
パッと組み立ててさっと塗る、というのがここ2日のテーマだったのでヤスリとかかけてません。
シールも使ったよ。


f:id:yoshihihihi:20160822123350j:image
ただ、シールの厚みで彫刻が見えなくなっちゃうと勿体無いので、シールの周りの部分を貼ってマスキングテープの代わりにして塗ったりも。
あー超疲れた、早く寝るつもりだったのに。
土台は森っぽく塗ってて、機体下面も映り込みがあるかもしれないな、と緑色の斑で塗ってるけど裏っかわなんて自分でも見ないし完璧に無駄だった。
塗り分けめんどくさかったけどこれ600円位なのまじでマジで頭おかしいんで、びっくりしたい人はスター・デスなんとかと一緒に買うといいと思う。
 
色はもうホントその場のテンションで作ってたから何をどう混ぜたかいまいち思い出せないんだけど、多分白はクレオスの316番で黒はおそらくシアンと黒を混ぜてた、ハズ。たぶん。
追記
思い……出した……!
本体色:全体を黒+シアンで塗ったあとにクレオス316番で超きつくグラデをかける
ワンポイントのクリーム色:バーチャロンカラービビッドオレンジ+白
窓枠:黒+白+シアン
赤:クレオスのレッドとガイアのスカーレットとイエローすこし
下面映り込み用緑:白を斑に塗ったあと、蛍光クリア+蛍光グリーン+純色グリーン
 
んで昨日からNAZCAプロユースシンナーを使い始めたんだった。
速さが欲しくてプラスチック相手に塗る場合はとても良いかも。
塗膜が剥がれにくい。
 

スターナカグロデストロイヤー

塗った 完成 模型


f:id:yoshihihihi:20160822122658j:image

ヨドバシカメラに買い物に行ったら、なんかめっちゃ安くてちっこいスター・ウォーズのプラモが売ってたので買った。
普通の大きさのスター・ウォーズシリーズは置き場所に困りそうなくらいの大きさなので、このくらいちっこければちょいちょい飾れるかなーとか思ってたんだけど。
なんせめっちゃ安い。600円くらい。
ケーキみたいな形してるしケーキみたいな値段だなと思った。
で、10時くらいに家に帰ってきたのでそのまま作りはじめて、塗り終わったのが11時くらい。

f:id:yoshihihihi:20160822122717j:image
f:id:yoshihihihi:20160822122758j:image

コーヒー飲みながらおやつ食べるくらいの時間しかかからずに超かっこいいなんかよくわかんない菱餅みたいなプラスチックのかたまりが。これはすごい。
スター・ウォーズ全然詳しくないんだけど楽しかった。
あとうまく陰影が写真に出なくて参った。つらい。
 
あと台座を塗ってみたので追加。
f:id:yoshihihihi:20160822123010j:image
筆に白の塗料を含ませてからエアブラシで筆に風を当てる(ネイルなどでちょいちょいやる)やつをして、上からうっすいクリアパープルで閉じる感じ。めっちゃ適当だけどイカす。
f:id:yoshihihihi:20160822123037j:image
全体的にストレスかからずサイコー
 
塗装の手順としては、後部ロケット以外全部組み立てておいてから、透け防止と上塗りの白でグラデーションをかけやすいように、ということでなんか適当な黒めの塗料で全体を黒く。
そのあとロケットをくっつけてから明るくする正面向かって左側から細く薄くグラデーションさせながら白く塗っていく感じ。
下っ側は黒いまま。
前から見て
白 濃灰
 ◇
黒 黒
くらいに極端にパネルで色の差を付けて、そのあと全体をエナメル塗料の黒とかジャーマングレーを薄くした液体でビシャビシャにして拭き取るやつ(ウォッシング)を。
で、白くしたパネルにある凸模様の角に更に白い塗料をこすりつけて、もうちょい陰影を大げさにしていく感じ。
んで、この時点だとなんか汚く見えてくるので、艶消し剤を入れた蛍光クリアに蛍光ブルーとクリアブルーを混ぜた塗料をエアブラシで噴き付ければおしまい。
赤みが取れて清潔そうな印象になるよ。
この時に濃淡を付けて上掛けコートをすると、なんか手の込んだことをしてるような雰囲気が醸し出せる気がする。気のせいかもしれない。
 
ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー プラモデル

 

 

 

 

今度こそガンプラ

塗った 完成 模型

の武器の詳細を。


f:id:yoshihihihi:20160425021614j:image
これね。
 
鉄血のオルフェンズ面白かったですね、ところどころからF.S.S.臭が感じられて。多分二期でエイハブリアクター砲とか出てくるよ、絶対そうだ。
取り敢えず一発ネタでガンダム作りました!ってやりたかっただけなので肉抜き穴も合わせ目も消してないメイスを塗るだけ塗りました。
手順的にはオーソドックスな後剥き銀色ハゲチョロではなく……というのも、あとからウェザリングをしようと思い立ったので、基本色の焼鉄色をエアブラシで濃淡をつけて塗る、そのあとにエッジのよく擦れる……というか敵をぶっ叩いて削れるところを銀色で細噴きしていきます。


f:id:yoshihihihi:20160822122330j:image

こんなかんじ。実にアッサリ。
 
で、ここからクレオスのウェザリングカラーステインブラウンをめっちゃ塗る。
半乾きくらいの時にキムワイプで拭く。
これでムラが残りつつ茶色いフィルターがかかりました。
んで、これ油絵の具なのでそんなに時間を置かなければラッカーでも簡単に溶けます。
次は筆先を切ったブラシ状の筆にラッカーシルバーをとり、エッジから芯の方に向かって細かい引っかき傷を書いていきます。
殴った時に表面の黒錆的な部分が削れたようなイメージですね。
一発目はさっき塗ったステインブラウンと混ざってそこそこ汚い銀色の線ができます。
何をしてるかっつーと地金が出つつもオイルが付いた古い傷を付けてます。

f:id:yoshihihihi:20160425022838j:image
んで、その汚い銀色の線を残しつつさっきより綺麗な銀色を塗ることをイメージしながらブラシ筆でまた銀色を塗ります。
ドライブラシほどドライにしないのがポイント。
そのあとエッジにだけ光沢クリアを軽く噴いて比較的新しい時期に付いたであろう傷を作ってあげます。
と、こんな感じでやると下地に銀を使わなくても思いつきである程度それっぽい地金がでてるぽい塗装ができます。
なんせこのメイスをウェザリングしようと思いついたの本体出来上がってからですからね。
あとは適宜ぶつかって傷がつきそうなところも銀色でチッピングしてあげればおしまい。


f:id:yoshihihihi:20160822122343j:image

やっぱこいつメイスもたすと鉄血に出てきそうなやつになるわ